素材の集め方

【グラブル】幽世の黒紫刃を効率よく集める方法!落ちないときの対処法も解説!

グラブルの幽世の黒紫刃を効率よく集める方法!

ども!ありゅー(@aryulife)です。

今回は、英雄武器の強化とスキル付与に必要となる「幽世の黒紫刃」の集め方についてまとめていきます。

  • 幽世の黒紫刃の入手方法が知りたい!
  • 幽世の黒紫刃を効率良く集めるにはどうしたらいい・・?

こんな疑問がある方は参考にしてみてください。

幽世の黒紫刃の入手方法

幽世の黒紫刃の画像
  1. 共闘クエストExtra パンデモニウム最終階層「黒紫獣の刻」
  2. 特典ポイントショップ

主にこの二つの方法で幽世の黒紫刃を入手することができます。

基本的に共闘クエストExtra パンデモニウム最終階層で集める方がおすすめです。

共闘クエストExtra パンデモニウム最終階層「黒紫獣の刻」

パンデモニウム最終階層の画像

幽世の黒紫刃は共闘クエストExtra パンデモニウム最終階層の「黒紫獣の刻」でドロップします。

騎士の誇り賢者の誇りといった英雄武器の強化素材もドロップするので、これらも足りてない人は一緒に狙っていくのがおすすめ。

特典ポイントショップ

幽世の黒紫刃の特典ポイントショップ画像

幽世の黒紫刃は特典ポイントショップでも入手することができます。

ポイント1000で月10個まで交換が可能です。

特典ポイントはプラットフォームによって入手手段が異なりますが、例えば自分が使っているDMMではDMMポイントを消費することで手に入れることができます。

【グラブル】DMM版のスマホ連携とDMM特典機能について解説!
【グラブル】DMM版のスマホ連携とDMM特典機能について解説!ども!ありゅー(@aryulife)です! 今回は、DMM版のグラブルについてご紹介します! DMMのゲームはスマホでプレイ...

ただし、特典ポイントで幽世の黒紫刃を交換するのはかなりもったいないです。

もっとポイントをためて金剛晶やダマスカス骸晶などのアイテムと交換した方が良いでしょう。

黒紫獣の刻のケイオスビーストでドロップ検証

黒紫獣の刻のケイオスビースト

ここでは、「黒紫獣の刻」で幽世の黒紫刃がどれくらいの頻度でドロップするのか?について、検証した結果をご紹介いたします。

「大体どれくらいの確率でドロップするのか?」

ということが気になる人は目安にしてもらえればと思います。

「黒紫獣の刻」のケイオスビーストを計40戦。以下の2通りの条件で20戦ずつ行いました。全戦MVPです(ただし部屋主ではない)。検証日は2020/2/25。

  1. 騎空団サポートドロップ率20%UP、トレハンLv9(風見鶏の羽)
  2. 騎空団サポートドロップ率20%UP、軌跡の雫のアイテムドロップ率20%UP、トレハンLv9(風見鶏の羽)、最終エッセルあり

違いは、軌跡の雫のドロップ率アップ20%と最終エッセルを入れたか入れてないかという点。

ドロップ率が上がる召喚石や装備は無し。

騎空団サポートドロップ率20%UP、トレハンLv9(風見鶏の羽)

幽世の黒紫刃のドロップ画像

軌跡の雫のドロップ率アップと最終エッセルを除いたパターン。

20戦の結果、幽世の黒紫刃が2個ドロップ。ドロップ率は10%でした。

騎空団サポートドロップ率20%UP、軌跡の雫のアイテムドロップ率20%UP、トレハンLv9(風見鶏の羽)、最終エッセルあり

幽世の黒紫刃のドロップ画像

軌跡の雫のドロップ率アップと最終エッセルを入れたパターン。

20戦の結果、幽世の黒紫刃が3個ドロップ。ドロップ率は15%でした。

黒紫獣の刻についてドロップ検証まとめ

あくまで40戦だけの結果ですが、基本的には1割~2割程度ドロップすると思ってもらえばいいでしょう。金箱、赤箱どちらからもドロップします。

幽世の黒紫刃の使い道

  • 英雄武器の強化
  • エンブレムとの交換

例えば、こんな用途に幽世の黒紫刃が必要になります。

英雄武器の強化

英雄武器の強化の画像

英雄武器の強化に幽世の黒紫刃が必要になります。基本的に幽世の黒紫刃が5個必要です。

エンブレムとの交換

天聖のエンブレムの画像

エンブレムとの交換にも幽世の黒紫刃を使用します。一つのエンブレムと交換するのに5~10個必要になります。

まとめ:幽世の黒紫刃を入手する方法と使い道

  • 共闘クエストExtra パンデモニウム最終階層「黒紫獣の刻」
  • 特典ポイントショップ

主にこの2つの方法で幽世の黒紫刃を集めることができます。

基本的には共闘クエストExtra パンデモニウム最終階層「黒紫獣の刻」で集めていくのがおすすめ。

以上、幽世の黒紫刃を入手する方法と使い道についてでした。

こちらの記事も読まれています