ゲーム機

PS5の転売・中古での購入はリスクだらけ?厄介なデメリットとメリット解説!

PS5の中古購入はリスクだらけ?厄介なデメリットとメリット解説!

こんばんわ!ありゅーです。

  • PS5のゲームをプレイしたいけど、PS5本体を持っていない・・。
  • 新品だと値段が高いから転売品・中古品でPS5を購入するのはどうだろう?

こう考えている方は多いのではないでしょうか。

そこで、PS5(とPS5デジタルエディション)を転売・中古で購入する際のメリット、デメリット、さらに転売・中古で購入すべきか?について解説していきます。

PS5の転売品・中古品の購入はリスクしかない

まず先に結論を言うと、PS5は転売や中古で購入しない方が良いです。

基本的にゲーム機全般にいえることですが、新品で購入する場合と比べて中古はリスクが高すぎるのでやめた方が良いと思っています。

例えば「特定のゲームがやりたくてPS5を買うだけ」「すぐ売るつもり」という人は中古で購入しても良いですが、長くPS5で遊びたい人は新品で購入した方がリスクは低いです。

PS5の転売品・中古品の購入のメリット

PS5を転売品・中古品で購入するメリットは、基本的に手に入れやすいことです。

売り切れで新品が購入できない場合の選択肢の一つというだけですね。

PS5の転売品・中古品の購入のデメリット

PS5を転売・中古で購入するデメリットは、大きく分けると以下の2つです。

  1. 不具合が起きる可能性が高い
  2. アフターサービスが不十分
  3. 高いことが多い

①不具合が起こる可能性が高い

中古で購入した場合は、新品で購入するよりも不具合が生じる可能性が高いです。

誰がどう使っていたかわからない

中古で購入する場合は、誰がどのようにPS5を扱ってきたのか全くわかりません。

長期間使用してきていたのであれば、当然消耗しているので、安く購入できますが不具合が生じやすくなっている可能性は常に残ります。

②アフターサービスが不十分

転売や中古での購入はアフターサービスも不十分です。

例えば、これまでのPS本体では新品で購入してから保証期間内(1年間)に正常な使用方法をしているにもかかわらず不具合が生じた場合、無償で修理することが可能です。

これはいわゆるユーザー側に問題や責任がない初期不良に対しての保証です。なので、このような場合は無償で対応してくれます。

ですが、転売や中古を購入した場合は、仮に保証期間(1年間)以内であっても無償での修理ができません(保証が失効する)。この場合修理をしようと思っても有償修理になってしまいますし費用が相当かかることもあります。

普通に使用してきただけなのに、転売や中古で購入したというだけで自分に非のない不良に対してお金がかかるのは馬鹿らしいです。

③高いことが多い

ニンテンドースイッチのときもそうでしたが、転売品が横行しており価格がものすごく高くなっています。

転売品で買ってもまるで良いことはないので、正規に購入しましょう。

PS5の転売品・中古品購入はデメリットの方が大きい

PS5の転売品・中古品購入について、これまでのメリット・デメリットをまとめます。

◆メリット

  • 新品購入よりも手に入れやすい

◆デメリット

  • 誰がどう使ってきたかわからないので不具合が生じやすくなっている可能性あり
  • 新品購入で受けられる無償保証が受けられない。仮に修理になった場合、新品購入よりも費用が高くなる可能性あり
  • 高い

PS5の中古購入のメリットとデメリット まとめ

結論としては、PS5を長く使い続けたいなら新品で購入した方が良いでしょう。

中古購入が合う場合を挙げるなら「とにかくリスクを負ってでもPS5を手に入れたい人」や「PS5を消耗品と考えて買い替えを繰り返していきたい人」はメリットかもしれません。

とはいえ転売品が横行しているので、中古品自体もそこまで安くならないでしょう。

以上、PS5の中古購入のメリットとデメリットについてでした。