あやかしランブル!

あやかしランブル!PC版(DMM版)とスマホアプリ版の違いと連携方法を解説!

あやかしランブル!PC版(DMM版)とアプリの違いと連携方法について解説!

も!ありゅー(@aryulife)です!

今回は、あやかしランブル!のPC版(DMM版)とスマホアプリ版の違いについてご紹介します。

本作はPCとスマホアプリの両方に対応しているのでどちらでもプレイできます。

さらにデータを連携することも可能です。

そのため、

  • PC版とスマホアプリ版の違いは?どちらから始めた方がいい?
  • PC版とスマホアプリ版を連携する方法ってどうやるの?

こんなことが疑問な方もいると思うので、お答えいたします。

特にPC版からプレイする場合には注意が必要です!

ありゅー
ありゅー
これを読んでもらえばPC版(DMM版)とスマホアプリ版との連携方法と、さらにどちらでプレイする方がお得なのかわかります!

あやかしランブル!のPC版(DMM版)とスマホアプリ版の違い

  • PC版(DMM版)はリセマラができない
  • PC版は年齢制限版(あやかしランブルx指定版)がある。そのためスマホアプリ版では一部のイベントができない

違いはこの二つです。順番に解説していきます。

PC版(DMM版)はリセマラができない

PC版(DMM版)はリセマラができません。

というのもDMMのアカウント画面で「あやかしランブル!」のゲームを削除しても、DMMアカウントの内部ではデータが保存されたままです。

そのため、DMMのアカウントをとり直すということでもしない限り、PC版ではリセマラができません。

リセマラをやってからゲームを進めたいという方は、スマホ版から始めるのをおすすめします。

PC版は年齢制限版(あやかしランブルx指定版)がある。そのためスマホアプリ版では一部のイベントができない

PC版は年齢制限があります。

そのため、スマホ版ではストーリーイベントやエピソード(ハーレムエピソード)が一部見れなかったりします。

スマホアプリ版で見れないイベントやエピソードを見たい方は、PC版(あやかしランブルx指定版)をプレイするのをおすすめします。

アプリ版でリセマラしてPC版(DMM版)と連携するのが一番良い

まとめると、あやかしランブル!をプレイするのであれば、ゲーム開始はアプリ版から始めてリセマラをする。その後PC版(DMM版)と連携するのが一番良いです。

PC版はアカウントを取り直すのがめちゃくちゃ手間がかかるのでリセマラをやるのであればアプリ版の方が圧倒的に楽です。

「リセマラはやらなくていい」という人はPC版から始めても全然OKですが、ゲームの進行が楽になるので、できればリセマラするのをおすすめします。

またPC版と連携すればあやかしランブルx指定版もプレイ可能です。

スマホアプリ版(全年齢版)である程度進めた後で、データをPC版と連携するということもできます。

そうすれば、スマホにあるスマホアプリ版(全年齢版)のデータはそのままで、PCではスマホのデータを使ってPC版(あやかしランブルx指定版)をプレイすることも可能です。

リセマラについては▼こちら▼にまとめているので、よろしければ参考にしてみてください。

あやかしランブルのPC版(DMM版)とスマホアプリを連携する方法

ここから、あやかしランブル!のスマホアプリをDMM版と連携する方法・手順についてご紹介します。

既にDMMのアカウントを持っている人を想定して説明しますので、アカウントを持っていない人はあらかじめ取得しておいてください。

>>DMMアカウント登録はこちら

1.データ連携にアクセスして引き継ぎコードを発行する

メニュー画面の「データ連携」から次の画面に進みましょう。

パスワードを入力して引き継ぎコードを発行します。

引き継ぎコードは必ずメモしておきましょう。

2.PC版(DMM版)を起動してアカウント連携を行う

DMM版を起動して画面右下にある「アカウント連携」をクリックしましょう。

引継ぎコードとパスワードを入力する画面が表示されるので入力します。

これでデータ連携は完了です。

データ連携する前に既にDMMアカウントであやかしランブル!をプレイしていた場合、そのデータは上書きされて消滅します。

なお、スマホを機種変更する時にデータ連携したい場合にも同じ手順で可能です。

まとめ

  • PC版とスマホアプリ版との違い
  • PC版とスマホアプリ版を連携する方法

について解説してきました。

スマホアプリ版でリセマラしたデータを、PC版(DMM版)と連携させましょう。

ゲームの進行も楽になるのでおすすめです。

リセマラについては別の記事にまとめているので、ぜひ活用してみてください!

こちらの記事も読まれています