アニメ

世話やきキツネの仙狐さんは癒される?評判まとめと感想・レビュー

世話やきキツネの仙狐さん

2019年春アニメの一つ「世話やきキツネの仙狐さん」。

タイトルの通り、いわゆる狐が擬人化したキャラクターの物語ですね。

狐娘がブラック企業で毎日クタクタになっているサラリーマンを甲斐甲斐しく世話するというアニメです

サラリーマンとしては、見ないわけにはいかない!ということで視聴し始めたんですが、いろいろと強烈なアニメですね。

そこで、この記事では、

  • 世話やきキツネの仙狐さんの概要
  • 世話やきキツネの仙狐さんの評判
  • 世話やきキツネの仙狐さんはなぜ人気?ネタバレ感想

についてまとめていきます。(評判・感想は都度追記していく形式です)

世話やきキツネの仙狐さんの概要

タイトル世話やきキツネの仙狐さん
公式URLhttp://senkosan.com/
ジャンル世話やき系甘やかしコメディー
原作リムコロ(コミックNewtype/KADOKAWA刊)
監督越田知明
シリーズ構成・脚本中村能子
登場キャラ仙狐(CV:和氣あず未)
中野(CV:諏訪部順一)
シロ(CV:内田真礼)
高円寺(CV:佐倉綾音)
??(CV:喜多村英梨)
制作世話やきキツネの仙狐制作委員会

世話やきキツネの仙狐さんのあらすじ

世話やきキツネの仙狐さんの仙狐 出典:世話やきキツネの仙狐さん 公式HP

日々、自宅とブラック会社を往復する会社員・中野のもとに押しかけてきた神使のキツネ・仙狐さん(800歳・幼女)。

彼女は疲労困憊の中野を、食事、洗濯、特別サービス(?)でめいっぱい“お世話”して、潤してくれるのです。

突然始まる、仙狐さんと中野の共同生活。

現代社会に疲れた全ての人に届けたい、お世話系甘やかしコメディ!

ありゅー
ありゅー
お世話系甘やかしコメディ・・?!

世話やきキツネの仙狐さんの評判

おそらく評判を調べるうえで、人数が多く一番公平と思われる、「世話やきキツネの仙狐さんのニコニコ生放送」のアンケートを評判としてまとめました。

世話やきキツネの仙狐さんのニコニコ生放送の評判

世話やきキツネの仙狐さん1話
とてもよかったまあまあよかったふつうだったあまり良くなかった良くなかった
1話90.26.02.30.51.0
2話91.64.82.00.40.9
3話90.75.82.00.51.0
4話92.14.51.61.00.7
5話91.05.41.60.91.1
6話90.74.82.50.91.1
7話91.64.32.31.00.8
8話90.25.02.51.11.2
9話90.35.92.00.81.0
10話88.67.42.00.81.4
11話82.011.83.01.51.8
12話91.24.62.11.11.0

 

世話やきキツネの仙狐さんのニコニコ生放送の評判

来場者数は各回で約1万人ほど。

ニコニコ生放送での評判はかなり良いですね。

「とてもよかった」と「まあまあ良かった」を合わせると、良かったと感じている人は平均で96%以上。

「あまり良くなかった」と「良くなかった人」を合わせると、良くなかったと感じている人はわずか1.5%です。

多くの人が大満足のアニメと言えそうです。

世話やきキツネの仙狐さんのコメント

  • 日本の闇を凝縮したアニメ
  • 働き始めたらこういう風になるのか
  • 終電で帰れるだけマシ
  • 仙狐さんのしっぽモフモフしたい
  • やっとけものフレンズ2が始まったか

ブラック企業社員、働くことに不安を覚えている人、俺の方がブラックだ!な人、狐娘好きの人、けもフレ2に絶望した人、など色んな視聴者が入り乱れたカオス状態。

世話やきキツネの仙狐さんのネタバレ感想

ここから、世話やきキツネの仙狐さんの感想について、つらつら書いていきます。

ネタバレ満載なので、嫌な方はご注意。

世話やきキツネの仙狐さんのコンセプト

世話やきキツネの仙狐さん感想出典:世話やきキツネの仙狐さん 公式HP

このアニメのコンセプトは「現代社会に疲れた全ての人に届けたい、お世話系甘やかしコメディ」。

そこで、このアニメではそんな現代社会に疲れた人として、

「毎日仕事終わりは終電。同僚に仕事を頼まれ断れず受けてしまう。けど、内心は嫌で受けたくない。」

そんな自己主張がうまくできないブラック企業社員の中野くんが主人公の一人として出てきています。

1話は、そんな中野くんが狐娘の仙狐さんと出会い、そして「お世話系甘やかし」をする(される)という物語の導入回です。

お世話系甘やかしって何?

世話やきキツネの仙狐さん感想出典:世話やきキツネの仙狐さん 公式HP

そもそも「お世話系甘やかし」って何なんでしょうか?

1話では仙狐さんが、

  • お世話=ご飯を作ってあげる、一緒に食べてあげる
  • 甘やかす=しっぽを触りたいというわがままを聞いてあげる

ことでお世話と甘やかしをしています。

おそらくこれが合わさって「お世話系甘やかし」なのでしょう。

2話以降もこの「お世話」と「甘やかす」という話が続いていきます。

そもそも仙狐である必要があるのか?

800年生きてきたけど、一見少女に見える仙狐さん。

ところで、「お世話系甘やかし」がコンセプトなら、そもそも狐娘である仙狐さんである必要ないのでは?と考える人もいるかもしれません。

確かに、他のアニメによくある設定のように、

  • 幼馴染や妹キャラ
  • コスプレした女の子キャラ
  • お姉さん、お母さんキャラ

が、何かよくわからない理由で家に住み着いて「お世話」や「甘やかし」をしても一見同じな気がします。

ですが、よく考えるとこのアニメは狐娘である仙狐さんであるからこそ成り立つことがわかります。

「お世話系甘やかし」は仙狐という設定だからこそ可能

世話やきキツネの仙狐さん感想出典:世話やきキツネの仙狐さん 公式HP

まず、仙狐さんというキャラには、

  • おばあちゃん
  • 動物(ペット)

という2つの象徴が含まれていると考えられます。

おばあちゃんという象徴

「おばあちゃん」という象徴は、仙狐さんが800歳であること、さらには1話で仙狐さんと食事するシーンで中野くんが子供のころのおばあちゃんを記憶を思い出していることからもわかります。

また、このシーンの前にある「家族からおばあちゃんの7回忌で集まった」という母親からの電話もこの象徴を強調する一つになっていますね。

4話では、機械に苦手な描写や、中野くん自身が「おばあちゃんみたい」と言うシーンがあったり、アニメの随所でおばあちゃんを示唆する表現が使われています。

おばあちゃんに対して一般的な人が受ける印象は、世話をしてくれたとか、ご飯を食べさせてくれたとか、いわゆる昔感じた安心とか癒しでしょう。

つまり、このアニメは仙狐さんの「おばあちゃん」的な振る舞いによって視聴者に安心や癒しを感じさせるのが狙いの一つなのでしょう。

動物という象徴

もう一つ重要なのが仙狐さんにある狐という「動物」の象徴です。

そもそも、いい歳した社会人は簡単に人に甘えられる立場ではありません。

ですが、動物という象徴によって、甘えるということを可能にしています。

アニメでは、中野くんが仙狐さんのしっぽや耳をモフることによって甘えています。

これを人にやってると考えるとかなりヤベー奴ですが、動物にやっていると考えれば話は別です。

例えると、会社ではぐったりしているのに、家に帰るとペットに甘々な一人暮らしの人といったところでしょうか。

一人暮らしでペットを飼っている人は増えていますし、これも何となく想像はできますよね。

つまり、簡単に人に甘えられる立場ではないサラリーマンにとって動物という象徴は、唯一甘えられる存在というわけです。

世話やきキツネの仙狐さん出典:世話やきキツネの仙狐さん 公式HP

仙狐という設定だからこそお世話されながら甘えられる

初めに「別に仙狐さんである必要がない」として例示した

  • 幼馴染や妹キャラ
  • コスプレした女の子キャラ
  • お姉さん、お母さんキャラ

などの人間キャラにご飯を作ってもらったり、一緒に食べてもらう、というのはまあ普通に違和感はないでしょう。

ですが、おばあちゃん的な安心を感じることはできないですし、サラリーマンの立場で甘えられるかというと現実的には無理でしょう。

甘えたらセクハラキャラかヤベー奴になっちゃいます。

もちろんアニメなのでそんなキャラもいて良いですが、そうするとギャグアニメにはなるとしても「お世話系甘やかし」をコンセプトとする癒しアニメにはならないでしょうね。

また、アニメ中の中野くんは、しっぽやケモ耳に異常な執着がありますが、これらは動物にしかない特徴です。

人間には存在しない動物的な象徴部分に甘えるポイントがあるので、ペットを愛でているように見えます。

だからこそ、あまり変態的にも見えないですし、癒しアニメになるのです。

世話やきキツネの仙狐さんって恋愛要素あるの?

出典:世話やきキツネの仙狐さん 公式HP

5話のシロが登場してからいわゆる恋愛要素を匂わす描写が出てきました。

ですが、今後シリアスな恋愛展開にはならないと思います。

というのも、恋愛展開を入れてしまうと、仙狐さんに象徴されるいわゆるおばあちゃん的な部分が無くなってしまうように思います。

つまり「お世話系甘やかし」というコンセプト自体がぶっ壊れてしまうと考えられます。

加えて、中野くんのしっぽやケモ耳への執着が変態的に見えるようになってしまうので、恋愛っぽい展開があっても、あくまでコメディとして描かれるものだろうなあと思ってます。

世話やきキツネの仙狐さんネタバレ感想まとめ

世話やきキツネの仙狐さんネタバレ感想出典:世話やきキツネの仙狐さん 公式HP

世話やきキツネの仙狐さんの個人的な感想としては、今のところこのアニメのコンセプト通り、「お世話系甘やかしコメディ」ですね。

恋愛要素を期待する人にはあまり向かないですが、仙狐さんにおばあちゃん的な安心感と、小動物的な愛らしさを感じることが楽しめれば良いアニメだと思います。

あ、あとOPとEDののんびりした雰囲気も癒しのポイントですね。