ゲームアプリ

けものフレンズ3は超面白い!つまらないとかいう奴は俺が論破する!

けものフレンズ3の感想・評価!親愛と友情の合言葉はジャスティス!

ども!ありゅー(@aryulife)です。

今回は2019年9月24日にリリースされたSEGAの新作ゲーム「けものフレンズ3アプリ版」をレビューしていきます。

このゲームは実在の動物を擬人化したキャラクターがたくさん登場するRPGゲーム

けものフレンズ1,2はアニメ作品なのですが、ナンバリング3作目となる今作はアプリゲームとして登場しました。

ただ、ハッキリ言ってアニメ作品である「けものフレンズ」は、1は大成功、逆に2は大失敗だったと自分は思ってます。

なので、3がリリースされる前は

「また大失敗するんじゃないか・・?」

とめっちゃくちゃ心配してたんですよ。

ですが、実際にプレイしてみてそんな心配は吹っ飛びました!

キチンと「けものフレンズのあるべき世界」をゲームに落とし込んでいました。

さすがSEGAだぜ。

ここからは、そんなけものフレンズ3について感想・評価をまとめていきます。

  • どんなゲームなのか?
  • 面白いところはどこか?
  • 絶賛してるけどつまらないところは本当に無いのか?

について隅々までまとめていきます!

なお、この記事では「けものフレンズのアニメ」についても語るので、アニメのネタバレもOKの方のみ読んでください!ごめん!

けものフレンズ3ってどんなゲーム?
  • フレンズ同士が力を合わせて試練に立ち向かう王道ストーリー
  • 親愛と友情の合言葉「ジャスティス!」
  • 主人公はあまり物語に絡まないが、だからこそフレンズたちの友情が際立つ

けものフレンズ3はどんなゲームなのか?

フレンズたちが力を合わせて試練に立ち向かう王道ストーリー

まず、良かったところが「ストーリーが100%けものフレンズそのもののストーリーであった」こと。

フレンズたちが力を合わせて試練に立ち向かうという王道の構成をキチンと守ってました。

良かったというか安心したところかもしれない。

アニメ1期の話になりますが、けものフレンズは、見た目がかわいいフレンズたちがただキャッキャする物語ではありません。

世界にはフレンズたちにとってどうしようもない脅威がありました。

それが、アニメではセルリアンという敵。

セルリアンは、フレンズのサンドスターを奪いフレンズから動物に戻してしまいます。

これはフレンズにとっての死です。

この脅威に対して登場するすべてのフレンズたちが力を合わせセルリアンを倒すというのがアニメの物語。

フレンズは全員が腕力的な力があるわけではありません。

そこで、それぞれのフレンズができる得意なことで力を合わせることで成し遂げました。

ここが一番けものフレンズの特徴的なところで、自分の好きなところですね。

けものフレンズ3もこのストーリー構成をなぞっているのが非常に良かったです。

輝きを奪われるサーバル

けものフレンズ3の舞台はおなじみのジャパリパーク。

ストーリー冒頭でアニメで主人公だったサーバルが登場します。

ただし、本作では(いまのところ)仲間になりませんし、アニメのサーバルとは別人です。

ミライさんも登場するので、けものフレンズ3は時系列的にはアニメよりも前です。

サーバルはセルリアンとの戦いで輝きを奪われてしまいます。

輝きはフレンズとしての力や記憶のもとになるもの。

輝きを奪われて、サーバルはセルリアンと戦えなくなってしまいます。

おそらく、このサーバルとミライさんは、アニメ1期「ろっじ」で登場したサーバルとミライさんでしょう。

ミライさんとサーバルは、ジャパリパーク保安調査隊の隊員だったんですが、この事件により他の誰かに代わりを託します。

それがプレイヤーの分身となる主人公とドールです。

ストーリーの目的はセルリアンを追うこと

主人公(プレイヤー自身)とドールは、それぞれジャパリパーク保安調査隊の隊長と副隊長になります。

そして、サーバルの輝きと取り戻すため、また他のフレンズたちに被害が及ばないようにするため、セルリアンを追うことになります。

これがけものフレンズ3のゲームの目的。

ただ正直、最初「サーバルが輝きを失う」という設定は、ちょっと嫌でしたね。

まさに、アニメ2期の「謎の記憶喪失設定」(しかも伏線が回収されない)を思い浮かべてしまったんで。

ただ、今回は明確に「サーバルの輝きを取り戻す」ことが物語の目的の一つ。

なので、まさかこれを投げっぱなしにされることはないでしょうし、記憶喪失になったわけでもないので自分の中では納得しました。

各ちほーでフレンズたちを仲間に。力を合わせセルリアンを追っていく

物語の目的は、逃げたセルリアンを追ってサーバルが奪われた輝きを取り戻すこと。

ただ、セルリアンが逃げた先にいる各ちほーのフレンズも助けなければなりません。

物語の途中では、セルリアンに襲われそうになっているフレンズや、既にセルリアンに襲われ輝きを奪われているフレンズがいます。

そんなフレンズたちを助け、互いに協力してセルリアンを追っていきます。

といっても簡単に協力してくれるわけではありません。

  • 輝きを奪われたことによって、自信が無くなっているフレンズ
  • セルリアンを恐れて立ち向かえないフレンズ

そんなフレンズたちに勇気を与えていく。

そしてフレンズ同士の友情が深まっていく会話も丁寧に描かれています。

けものフレンズ3の面白いところ

フレンズたちの友情の描き方が神

「けものフレンズ3ではフレンズたちの友情をどう描いていくのか?」

これは、けものフレンズ3をプレイする前に一番気になっていたことでした。

というのもアニメ1期では、「友情が形成されていく過程」の描写があまりに丁寧かつ高度だったからです。

例えば、友情をテーマにした話で有名な5話「こはん」は、ビーバーとプレーリードッグが互いの苦手を互いに得意な部分で補う話。

一言で言うとコレだけなんですが、この話にはビーバーが自分の苦手なところがプレーリードッグにはできることへの尊敬と、逆にプレーリードッグが自分の苦手なところがビーバーにはできることへの尊敬が存在して、それをお互い認識して、できないことを任せることですごいことができるんだ!という心情の変化が丁寧に描かれていました。そのため視聴者にも確かな友情が生まれたことがわかるような話でした。

メチャ長く書きましたが要は、

「アプリゲーにそんな細かな描写無理だよな?」

ということ。

これを忠実にやろうとするとテキスト量がエライことになるでしょうし、そもそもアニメほど表現の幅が無いので相当難しいでしょう。

なので、「けもフレ3では、フレンズたちの友情を、プレイヤーにわかる形でどうやって表現するのか?」

ということに注目していたんですが、簡単かつ斬新な形で表現してくれました。

それが、

「ジャスティス!」

このセリフをフレンズたちが一緒に言うことによって、そこに確かな親愛と友情が生まれていることが一目でプレイヤーにわかるようになっています。

何かすっごい試練を一緒に乗り越えて友情が生まれたエピソード

とか

何か殴り合いの果てにお互い認め合って友情が生まれたエピソード

とか

そんな小難しいエピソードで友情を表現する必要はありません。

皆で「ジャスティス!」

これで解決です。

  • 輝きを奪われたことによって、自信が無くなっているフレンズ
  • セルリアンを恐れて立ち向かえないフレンズ

最初はそんなフレンズたちとは距離があるんですが、そこから触れ合いながら距離を縮めていきます。

そして、

「ジャスティス!」

このセリフを言ってくれる頃には、

「あ、このフレンズは心を開いてくれているんだな」

ということがわかります。

ジャスティスの一言に友情の描写を込めたのは、正直このゲームの超うまいところだとでしょう。

ジャスティスは元々ハクトウワシのセリフ

「ジャスティス!」は元々ストーリー途中で登場する「ハクトウワシ」の(決め)セリフ。

ハクトウワシは正義を執行することが得意なフレンズです。

困っているフレンズを助けることを自分の使命としていて「レッツ!ジャスティス!」の決め台詞と共に助けてくれます。

「最初はちょっと中二病的なキャラかな?」と思ってたんですが「レッツ!ジャスティス!」がいつのまにかフレンズたちの親愛や友情の証となっているのがエモい。

ただ、けものフレンズの核となるものは「フレンズたちの友情」なので、

友情=ジャスティス(正義)

でも間違ってないのかもしれない。

けもフレらしいみんなが活躍できるターン制のコマンドバトル

「攻撃に参加しないフレンズも活躍できる!」

けものフレンズ3のバトルは、パーティー最大5人のターン制のコマンドバトルを採用しています。

コマンド(オーダーフラッグ)はそれぞれ以下の3つ。

  • Action!・・MP(ミラクルポイント)が溜まる
  • Beat!!・・攻撃力が一番高い!
  • Try!!・・次のターンに攻撃力アップ!

各フレンズにはこのどれかのコマンドが設定されています。

MP(ミラクルポイント)とはフレンズの必殺技にあたるけものミラクルを発動させるためのポイントです。

MPは100まで溜まると、けものミラクルを発動できます。

コマンドは1ターンに3回選べます。同じフレンズに3回行動させることもできますし、3人のフレンズに行動させることもできます。

そして、「Action!」、「Beat!!」、「Try!!」のコマンドを連続して選択すると「けもコーラス」が発生します。

けもコーラスが発生すると行動回数を増やせる「おかわりゲージ」が溜まっていきます。

ゲージが最大まで溜まると、基本1ターンに3回しか選べないコマンドが最大5回まで選べるようになります。

で、ここからがけものフレンズらしさが見えるところ。

基本的に1ターンに3回しか行動できないので、何も行動できないフレンズが必ずいます。

そんなフレンズでも活躍できるのが「たいきスキル」です。

たいきスキルは、他のフレンズたちの攻撃力を上げたり、受けるダメージを減らしたりする効果があります。

フレンズによってたいきスキルの効果は全く違うので、場面に応じて使い分けるのがポイント。

けものフレンズ3のバトルは、単純にセルリアンを倒す能力に優れているフレンズだけが活躍できるのではなく、そうでないフレンズも活躍できます。

まさに「フレンズによって得意なことが違うし、得意なところで頑張ればよい」というけものフレンズの精神を受け継いだバトルシステムでしょう。

フレンズたちが遊んでいる姿を観察できるピクニック

ピクニックは、最大5人までフレンズを外で遊ばせることができる機能です。

何時間か放置していれば「けも級」というフレンズのレアリティを上げるアイテムが貰えるのが特徴。

ですが、放置している間フレンズたちが一緒に遊んでいる様子を観察できるので、非常に和む時間です。

アイテムが貰えるという利点だけではなく、こういうところでも楽しめるのが実に良き。

ホーム画面でフレンズの着せ替えが可能

各フレンズは、衣装の着せ替えが可能です。

フレンズごとに条件があり、プレイ後すぐにできるわけではないですが、色々な衣装を楽しめます。

イベント限定の衣装があるので、今後も衣装は結構出てくるんじゃないかなと思ってます。

ただ、

「衣装も含めて動物の擬人化キャラだろ!」

というごもっともな声もあるかと思いますが、まあアニメでも服が脱げる描写があったですし・・

個人的にはOKな部分です。

他のプレイヤーと競う「ちからくらべ」でも安心・安全

ちからくらべ

けものフレンズには、他のプレイヤーが育てたパーティーとバトルすることができます。

それが「ちからくらべ」です。

これは実際にセルリアンと戦っている時と同じようにバトルをするんですが、お互いバリアーが張られています。

なので、安心・安全!

ちからくらべには、各プレイヤーにランクが設定されています。

勝ち進んでいけばどんどんランクが上がり、報酬も多くもらえる仕組み。

ちからくらべ

ちからくらべが終わった後は、相手のパーティーのフレンズたちと食事シーンまであります。

ここは「お互いに友達になりましたよ」というニュアンスを伝えたくて作ったんだと思いますが、正直「ここまで作るのか・・・」と感心したところ。

ぶっちゃけ「ちからくらべ」が終わった後、即ホーム画面に戻されても誰も文句言わないぜ・・。

けものフレンズ3のつまらないところ

主人公であるプレイヤーは基本空気

最初は、主人公となるプレイヤーがアニメ1期の「かばんちゃん」でドールが「サーバル」のポジションになると思ってたんですよ。

でも、プレイヤーはストーリー上ではほぼ空気です。

フレンズに積極的に指示を出したり、何か提案したり等はしません。基本見守るだけです。

さらに、イベントではプレイヤーの存在は無(む)です。

けものフレンズ3の最初のイベントである「ブラックジャガーパーク」ではプレイヤーは一瞬たりとも出てません。

そのため、

「フレンズたちと一緒にジャパリパークにいるんだ!」

といった没入感を感じることはあまりできないかと思います。

あくまでもプレイヤーは第三者視点でフレンズたちを見ているだけの存在のような感じ。

人によってはつまらないと感じるところでしょう。

ですが、主人公が空気なのはむしろ良かったところだと思います。

例えば、なろう系主人公みたいに、人類の英知をやたらと振りかざすようなキャラになったら雰囲気ぶち壊しですし。

個人的には下手に主人公を出しゃばらせなくて良かったかなと思います。(けもフレ2が頭によぎるし

最高レアのフレンズが当たる確率が1%

ガチャの確率が結構キツイです。

けものフレンズ3のガチャ

けものフレンズ3は、基本無料のアイテム課金ゲームなので、当然ガチャがあります。

さらに都合の悪いことに、ガチャはフレンズだけではなくフォトも混ざってます。

フォトはフレンズが装備できる武器みたいなものです。

装備すると能力値が上がるので必要なものではあるんですが、フレンズよりはいらないよね・・。

最高レアが☆4で、最低レアが☆2です。

そして問題のレア排出確率は、以下の通り。

☆4(フレンズ)1%
☆4(フォト)4%
☆3(フレンズ)4%
☆3(フォト)12%
☆2(フレンズ)25%
☆2(フォト)54%

☆4レアのフレンズが1%・・一般的なソシャゲと比べるとかなり辛い・・

今はリリースキャンペーンでガチャが回せるアイテム(キラキラ)が結構貰えます。

そのため、今は1%でも手に入れられないことは無いんですが、この先に実装される☆4フレンズを無課金で手に入れていくのは結構辛い気がします。

高レアのフレンズがいなくても十分

ただ、現状「最高レアのフレンズがいないとクエストをクリアできない」ということはありません。

ストーリーを楽しみたいという程度であれば、☆4のフレンズがいなくても全然OKです。

クエストクリアなら最低レアでも十分可能ですので、ガチャにこだわる必要はありません。

ただ「ちからくらべ」で勝ちたい人や、強さ関係なしにどうしても欲しいフレンズが最高レアで実装されてしまった人。

そういう人にとってはこのガチャ確率は結構響くかもしれません。

けものフレンズ3の感想・評価まとめ

けものフレンズ3はプレイ前は結構不安だったんですが、キチンと「けものフレンズ」の構成を守っていたので安心しました。

この記事では、けものフレンズ3の「けものフレンズらしさ」について重点的にまとめてきましたが、システム面でも優れたゲームです。

戦闘ではオートや倍速もありますし、コマンドの選択のスムーズにできます。

ゲームプレイ自体もサクサク進むのでストレスもありません。

総合的に見ても、良いゲームだと思います。

個人的には、けもフレ1に狂乱して、けもフレ2に絶望した人には是非やってもらいたいゲーム。

けものフレンズ3の概要

けものフレンズ3(けもフレ3)のアプリ版の概要
けものフレンズ3

けものフレンズ3

SEGA CORPORATION無料

★★★★★★★★★★

タイトルけものフレンズ3 アプリ版
ジャンルRPG
公式URLhttps://kemono-friends.sega.jp/
対象OSIOS/Android
配信日2019年9月24日
価格無料(アイテム課金あり)

また、「けものフレンズ3ちょこっとアニメ」という1分くらいのショートアニメもあるので見ておくといいですよ。

>>けものフレンズ3アニメの感想・評価!いいじゃねえか!【けもフレ3】

ゲーム開始よりも時系列がちょっと前の話なんですが、ストーリーに登場するフレンズが出てくるので、よりゲームを楽しめます。

 

以上、長々語ってきましたが、けものフレンズ3の感想・評価についてはこんな感じでした。

このサイトではこんな風にゲームの感想とか評価を好き勝手語っているので、気に入った方はまた見に来てくださいー

ツイッターもやってます!→@aryulife

他のゲームについては▼こちら▼にもまとめているので、よろしければどうぞ!

【2019年】新作アプリ・ブラウザゲームの評価!おすすめはどれ?
【2019年】新作アプリ・ブラウザゲームの評価!おすすめはどれ?ども!ありゅー(@aryulife)です。 2019年も色々なアプリゲームがリリースされました。 この記事では、2019年に...
【2019年】スマホアプリ最新作!事前登録中のおすすめゲームまとめ!
【2019年】スマホアプリ新作!事前登録中のおすすめゲームまとめ!こんばんわ!ありゅー(@aryulife)です! この記事では、2019年にこれから配信される予定の最新のスマホゲームについて、個...