アニメ

アズールレーンのアニメはどうなる?艦これの歴史から予想する!

アズールレーンのアニメはどうなる?艦これのアニメから予想する!

ども!ありゅー(@aryulife)です。

2019年10月から「アズールレーン The Animation」が放送されます。

アズールレーンは元は2017年から配信されているアプリゲームで、このゲームがアニメ化されたものです。

この記事では

  • アズールレーンのアニメはどうなるのか?

について、同じく艦艇擬人化アニメである艦これの歴史を振り返りながら予想していきます。

ありゅー
ありゅー
「艦これ」のネタバレを含みますので、承知の方のみ読み進んでください!

アズールレーン The Animationはどうなるのか?

出典:アズールレーン 公式HP

最初に結論を言うと、ゲームをやっている人には結構楽しめるアニメになると思います。

ですが、逆にゲームをしてない人には受け入れにくいアニメになるんじゃないかと思います。

理由は以下の2つ

  • PVを見る限りアニメはゲームの設定・シナリオ通りに進む
  • ゲームの世界観・設定がかなり複雑

簡単に言うと、ゲームからアニメに入る人は理解できるでしょうが、初見の人は理解できない内容になると思います

 

アズールレーン The Animationとは?

アズールレーン The Animation出典:アズールレーン 公式HP

まず「アズールレーン The Animation」について、簡単に紹介します。

「アズールレーン The Animation」は、2017年に配信されたアプリゲームであるアズールレーンが元となっているアニメです。

比較的新しいゲームですが、艦船を擬人化した美少女キャラが戦うシューティングRPGとして大人気のゲームです。

アズールレーン

アズールレーン

Yostar, Inc.無料

★★★★★★★★★★

アズールレーン The Animationの概要

公式サイトhttps://azurlane-anime.jp/
原作アズールレーン
アニメーション制作バイブリーアニメーションスタジオ
CV
  • エンタープライズ・・石川由依
  • ベルファスト・・堀江由衣
  • 赤城・・中原麻衣
  • 綾波・・大地葉
  • ラフィー・・長縄まりあ
  • ジャベリン・・山根希美

ほか

 

アズールレーンのあらすじ

物語の舞台は、我々の知らない、地表の71%が水で覆われた青き星。異世界より突如現れた、異形の敵「セイレーン」。圧倒的な力を有する外敵に対抗するべく、人類は4大陣営を中心に世界的な連合組織「アズールレーン」を結成した。

自由を敬う「ユニオン」
栄光を重んじる「ロイヤル」
結束を讃える「鉄血」
羈絆を尊ぶ「重桜」

そんな人々の英知を結集した「キューブ」を用いて誕生されたのは、鋼鉄の艨艟(もうどう)たちの力を有する少女たち。
時に勇壮、時に美しく、時にダイナミック――陣営の垣根をも乗り越えた彼女たちの活躍により、セイレーンの侵攻が食い止められ、その勢力がほぼ撃退されたように見えた。

しかし「セイレーンの力を用いるべきか否か」という理念の違いからか、はたまたフネではなく、ヒトとしての彼女たちの思いからか――
「重桜」と「鉄血」に代表された一部の勢力が「アズールレーン」から離脱し、
「レッドアクシズ」として活動を開始した。

そんな「レッドアクシズ」の動向を監視するため、「アズールレーン」は大洋の中で新たな基地を新設し戦力を集結。
状況は一触即発。少女たちの運命はまだ誰も知らない……

あらすじと言っていますが、正確にはアニメ1話(ゲーム)が始まる前までに何があったかが書かれています。

アズールレーンを知らない人はいきなりコレを読んでもさっぱりわからないでしょう。

ありゅー
ありゅー
ただ、ここは結構重要なので後で詳しく解説します。

アズールレーンは世界観がかなり複雑

アズールレーン The Animation出典:アズールレーン 公式HP

アズールレーンは過去の世界大戦時の艦船を擬人化した美少女が登場します。

ですが、ストーリーも全て史実に沿っているのかというとそうではありません。

ただ、全く無関係なわけじゃないところがややこしいところ。

アズールレーンの世界の陣営は実在の国をモチーフしています。

あらすじをすごく簡単にまとめると

先のあらすじをモチーフの国にあてはめて簡単に説明するとこんな感じです。

正体不明の敵が世界中に突然湧いて出た。けれども最初は各国協力せず、個々に対抗しようとしてボコボコにされる。

各国が虫の息になったところで、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本がやっと連合を組んで、どうにか撃退。けど滅んだわけじゃなく正体不明勢力は存在したまま。

そんな状態の中、意見が対立して分裂、アメリカ、イギリスの連合国、ドイツ、日本の枢軸国にわかれる。

もうわかると思いますが、早い話、第2次世界大戦時の情勢をモチーフにしたのがアズールレーンの世界観です。

アズールレーンで言うところの陣営「ユニオン」「ロイヤル」「鉄血」「重桜」がそれぞれ「アメリカ」「イギリス」「ドイツ」「日本」にあてはまります。

ここまで背景。つまりアニメ(とゲーム)が始まる前までの状況です。

と、まあこんな感じで元のモチーフがわからないと世界観がパッと見て分かりにくいです。

ちなみにゲームではプレイヤー視点は連合国で、枢軸国が敵になります。

ゲームをなぞって進む

PVを見る限り、原作の設定やシナリオに沿った作りになりそうです。

つまり、アズールレーンは全体的にはシリアス寄りのストーリーになるでしょうしいわゆるアニメオリジナルの展開にはならないでしょう。

ゲームプレイ済であれば楽しめそう

シリアスなストーリーで、さらに戦闘もあるので、原作ゲームのシューティングRPGという特徴もアニメに反映できそうです。

なので、ゲームプレイ済みであればアニメも楽しめるでしょう。

逆にゲームを全く知らないでアニメから視聴した人はわけがわからないまま終わる可能性が高いかなあと予想してます。

とはいえ一番のコンセプトはキャラクターの可愛さ

ストーリーの背景は初見にはわかりにくいですが、アズールレーンの開発も明言しているように「キャラクターの可愛さ」が一つのコンセプトになっています。

なので、ストーリーがわからなくもキャラクターが可愛ければいいんだよ!という人は初見でも楽しめるかもしれません。

艦これのアニメはどうだったか

艦これのアニメ出典:艦これアニメ1話

ここからは、軍艦の擬人化ゲームとして大人気。そこからアニメ化した「艦隊これくしょん艦これ」と比較していきます。

艦これのアニメは、2015年にテレビアニメ化され、2016年には劇場版も公開されています。

まずこの艦これのアニメを振り返ってみましょう。

批判もあった艦これアニメ

艦これは批判もあったアニメでした。

アニメは、世界の脅威となっている深海棲艦に立ち向かう艦娘たち。そして、その艦娘の一人である吹雪を主人公としたシリアス路線のストーリー。

ですが、当時その内容について批判も見られました。

特に目立っていた批判が、一部のキャラの性格や行動がおかしい、キャラが死亡する、などいうことに対して。

何でこのような批判が起こったかについては、当時色々な意見がありましたが、結局のところ視聴者が思っていた原作ゲームのイメージとアニメのイメージが違ったためと考えています。

なぜ批判が多かったのか

艦これのアニメ出典:艦これアニメ2話

艦これは、原作ゲーム自体に明確なストーリーがありません。

厳密に言うと、ゲームとしてクリアするステージは存在するのですが、そのストーリー上でキャラクター同士が直接掛け合いをしたり、何か発言したりすることがありません。

なので、ゲームからアニメ化されたとはいえアニメは完全オリジナルストーリーになっていました。

そのため、アニメ上でキャラクターの存在が固定され、視聴者がゲーム上で考えていたキャラクターの性格や行動理念と、実際にアニメ上で再現された扱いとのギャップが批判につながった、と自分は思っています。

しかも、キャラクターに見出していたものはユーザー一人一人違ったでしょう。

キャラクターを史実の軍艦としてのメタファーとして捉えていた人もいれば、ただ擬人化されたかわいいキャラクターとしてみていた人もいると思います。

このように人それぞれの異なる捉え方は、明確なストーリーが無かったからこそ生まれたものなので、アニメによってキャラクターのあり方が固定化されれば、「イメージが違う!」という人が出てきても無理はないよね、ということです。

とはいっても、アニメが自分のイメージ通りで満足している人もいるので本当に人それぞれといった感じ。

個人的には、アニメ全12話の中で好きな回とそうでない回とがはっきり分かれたアニメです。

 

とはいえ、艦これの元のゲームにストーリーを用意すればよかったかというとそれはないでしょう。

艦これの最も優れているところは、明確なストーリーを用意しないことでユーザーに想像力を働かせたこと。

これにより、史実に沿った艦娘や日常の艦娘などとにかく大量の二次創作作品が生み出され、艦これの爆発的な人気につながりました。

なので、結局は艦これに公式ストーリーは要らない感じ。

アズールレーンと艦これの違い

艦これのアニメ

アズールレーンと艦これのゲームを比較すると、アズールレーンの方には明確なストーリーがあり、ストーリー中でキャラクターの掛け合いがあります。

つまり、少なくともアズールレーンのユーザーは、世界観とその中でのキャラクターの役割が明確にイメージできています。

なので、原作ゲーム通りのストーリーであれば、艦これのような批判や失敗は無いんじゃないかと思います。

なお、アズールレーンの世界観は実在の国をモチーフにしていますが、キャラクター自体に史実の軍艦のメタファーを感じる人は少ないと思います。

艦これのキャラコンセプトは史実に忠実である姿勢が見えます。史実における軍艦の外見だけでなく、実際に登場した人物のエピソードも盛り込んだ設定になっており、それがキャラの意匠や装飾に反映されています。

そのため、艦これユーザーにはキャラクターに史実を重ね合わせて考える人も多いです。

一方、アズールレーンは、そもそもストーリーが実在の地球じゃないことが明記されていますし、外見のコンセプトは史実というよりは可愛さを意識した設計です。

なので、アズールレーンのキャラから史実の軍艦を感じる人は少ないでしょう。

アズールレーンのアニメはどうなる?艦これのアニメから予想する! まとめ

いかがだったでしょうか。

もう一度まとめるとアズールレーンのアニメは、

  • ゲームの設定・ストーリー通りに進むのであれば、ゲームプレイ済の人は楽しめそう
  • 初見の人はゲームの世界観・設定がわりと複雑なのでついていけないかも

と思っています。

また、ないとは思いますが艦これのようにオリジナル路線で行くと爆死するかもです。

ただ、アニメ制作側も同ジャンルの艦これアニメを研究してると思うので、わざわざ同じような失敗はしないと思いますが。

 

なお、ぶっちゃけ最初アズールレーンのことは、ただの艦これのパクリだと思ってたんで敬遠してました。

ですが、実際やってみると意外と良い出来ですよ。

わりとパクリゲーと思っている人は多いと思いますが、ちょこっとやってみることをおススメします。

アズールレーン

アズールレーン

Yostar, Inc.無料

★★★★★★★★★★

 

>>艦これのアニメを無料で見る!おすすめの動画配信サービスを紹介!